トップイメージ

免責不許可事由という言葉は自己破産手続きの申立人に対して、これこれのリストに含まれる方は負債の免除を受理しませんとする内容を挙げたものです。母子家庭 求人

だから、極端に言うと完済が全然できないような状況でも、このリストに含まれている人は債務のクリアが受理してもらえない可能性もあるとなります。Dレジーナエピプレミアム 口コミ

ですから自己破産を申告し免責を要する方にとっての、最後の難関がいわゆる「免責不許可事由」ということです。太陽光発電の選び方

次はメインとなる免責不許可事由の概略です。コーヒー 通販

浪費やギャンブルなどで、著しく資産を乱費したり、きわめて多額の借り入れを行った場合。コンブチャクレンズ レシピ

破産財団に含まれる動産や不動産を明らかにしなかったり破壊したり貸方に不利益を被るように売却したとき。ビーグレン

破産財団の負担を偽って水増しした場合。デンマークダイエット 停滞期

破産の原因を持つのに、その債権を有する者になんらかのメリットを与える意図で資産を供したり弁済期前に借金を払った場合。北海道 バイト 求人

ある時点で返せない状態にもかかわらず事実を伏せて貸し手をだまし融資を求めたり、クレジットカードなどを使用してモノを買った場合。

虚偽の利権者の名簿を裁判に提出した場合。

借金の免除の手続きの過去7年以内に免責を受けていたとき。

破産法が求める破産宣告者の義務内容に反したとき。

上記の8つの条件に該当がないことが免責の要件と言えるものの、これだけを見て実際のパターンを思いめぐらすのは、一定の経験の蓄積がないなら困難でしょう。

頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」となっていることにより分かるのですが、ギャンブルといってもあくまでも数ある中の一つでしかなく、ほかに書かれていないことがたくさんあるんです。

実例として述べていない条件は、一個一個場合のことを指定していくときりがなくなってしまい実際例として述べきれないものや、過去に残されている判決による事例が考えられるため各申し出がこの事由に該当するかは法律に詳しくないと見極めが難しいことが多々あります。

でも、自分が免責不許可事由に当たるなどと考えもしなかった時でも不許可の判断をいったん宣告されたら判断が変更されることはなく返済の義務が残るだけでなく破産者であるゆえの立場を負うことになるわけです。

ですから、免責不許可判定という結果に陥らないためには破産の手続きを検討している際にわずかでも不安や難しい点がある場合どうぞこの分野にあかるい弁護士に連絡を取ってみて欲しいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.