トップイメージ

どこにでもあるはじめたばかりの人向けの外為の情報では、「損失が生じた時はナンピン買いをして、全体の買い付け価格を抑える」等と説明されていたりする事もありますが、これは相当大きなリスクが潜んでいます。フォルテコール 犬

はじめに、ナンピンの仕組みについてごく簡単に説明しておこう。多重債務返済方法

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。事故自動車

$(ドル)買いということで円安になるほど利益が出るわけだが、思い通りに行かず1ドル95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。パイナップル豆乳ローション売ってる場所・最安値は?

このままの状態で持ち続けたとしたら損がなくなるまでには、5円分円安が進まなければならない。東京短期バイト

誰でも、赤字は早急に回復したいと願うだろう。ウェイブワンデー激安

そのためはじめに売買したのと同じ額の$を、1ドル95円で売買します。ウコン サプリメント 効果

それで、ポジションの平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

これで、2円50銭の幅で円安に進めば損を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピン買いの理論です。

こういうふうに、ナンピン買いのやり方をみると、「納得だ」という考えになるが外国為替市場は簡単には上手くはいきません。

最初から、1ドル95円が底値だということなど誰もわからないのである。

仮定として、市場が円高基調だとすると1ドル95円では止まることなく一段のドル安が進むリスクがあります。

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に、95円まで円高になったとしたら、ナンピン買いした分にも損失が生じます。

その状態では、最初に売買したドルと同時に、より大きな損失が生じる事になります。

この通り、ナンピン買いは難解です。

それなら、外国為替市場が自身の筋書きとは反対にどんどん向う場合、どのような手段で危機を回避すればいいのでしょうか。

こういう時には選択できる手段は限られています。

最初のひとつは執着しないで、損を確定する事です。

もうひとつの方法としては、自分が持っているポジションを縮小することで、再び市場が戻るのをじっと待ち望む事だけです。

ちょっと弱腰の方法だと感じる投資家もいます。

しかしながら、自分が保持している買いポジションに差損が生じた場合、最も有効な方法はこれよりいいものはありえません。

当然、ロジックのうえではナンピンをするという考え方も有効です。

だけどナンピンはマイナスになっている場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころかそれとは反対にポジションを重ねていく考え方です。

この対策では、危機を回避することなどどう考えても無謀だと考えるべきです。

ナンピンを続ける事ができればいつの日にか勝てるかもしれません。

でも、それより先に投資資金はショートしてしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.