トップイメージ

車を持っている方はご存知だとは思いますが自動車税という税金が課税されます。マイクレ

そしてこれはクルマ買取の際に戻ってくるものなのです。クレジットカードでお金を借りた

こういったことは実際、実行したら覚えられますがそれでは一つずつ順番に詳細に紹介していきます。

あえて補足させて頂けば国内で生産された自動車のみが対象ではなくドイツ車等も税が還付される対象になります。

これは車も当てはまります。

自動車税は車を持つ人が支払わなければならない税ですが税額はそれぞれの排気量によって定められています。

1リッターより低いのであれば29500円で、1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円になります。

その後は500cc毎に5000円ずつ増えていきます。

そしてこの金額は4月1日の時点で車を保有している人が年度内の金額を納めるという決まりになっています。

ということは先払いになるので、当然ですが自動車を手放して、所有権がなくなった時ではその分の税金は還付されるということです。

税というのは事前納付で年度内の金額を納めますので、一年以内に愛車を買い取ってもらった場合には、買い取ったオーナーがこの税を納めなければいけないのです。

売却相手が専門店の場合は売却した際に自分が支払いすぎた税金を返金してもらえます。

まとめると所有権が移転された日以降の税額は、新たな保有者が納税義務を負います。

10月の間に愛車を売ったのであれば11月から翌年3月の間までの自動車税は返還されます。

というのも、繰り返しになりますが自動車税は前払いであるということからもわかります。

ということは売却者は買取先に払いすぎた税金を返してもらうということです。

個人で自動車を引き取ってもらう場合には、意外にこのような事実を忘れている方が見受けられるので、きちんと確かめるようにしてください。

自動車税という税金は自動車を手放すと返ってくるということを意外と知られていない事を利用して、その状況を説明しない悪徳業者もあります。

こちらから自動車税の返金について話を切り出さなければ完全にそのことに説明しないという場面もしばしば見受けられます。

そのため愛車の買い取りを依頼する際には払いすぎたお金が戻ってくるのかどうかの確認を怠らないようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.