トップイメージ
商店で一切の契約カードが使用できるのではありません。:カード会社の加入店舗は多くは、多くのクレジットカードのブランドに入っていますが、店舗でみなの所有クレジットカードが使用可能なのではありません。つまり昔ながらの契約店舗の場合にはJCBマークの入ったそのクレカしか決済できない状況もあるし近頃の契約店舗ならばVISAやマスターカードの名前の入ったやつだけしか使用できないときもあるでしょう。ディスカバーカードに類するクレカだったら、増して切れないショップが多いでしょう。どのロゴの所有クレジットカードが使えるかいかに判断するといいものか「ならいかにして何のロゴの所有クレカが切れるかを見分けるといいか?」という質問ですが正しくチェックするのだったらお店の方にお見せしてみる以外にはないていうのが実のところその答えです。とはいえども大多数の店舗やショッピングセンターには店舗の分かりやすい場所に決済できるクレカの案内が入ったシールが掲示されていることから「ふーん、ここの店舗ではアメリカンエキスプレスカードが切れるのね」という感じで分かりやすくなってるから安心していただきたい。いっぽうで、正確に管理が出来ていない店舗で決済する場合にはシールが掲載されているお店でも「ここでは○○クレジットカードは使えません」といったような答えをもらってしまうなどという状況もないわけでもなく、冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。欲を言えば可能な限りは全部のショップでクレジットカードが有効であるようにしようとすると別の種類のグループ(国際会社)がはいった一般的なVASA、JCB、ダイナーズアメックス、等のクレジットカードを2枚以上は申し込んでおくようにしたほうがいいでしょう(例:UCカードをすでに持っているならもう一方はダイナースカードブランドのクレカを契約するほか)。特に国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBカードの3つのロゴが書かれているカードを日ごろから使っていれば、返済状況に問題がない限りほとんどの加入店舗で少なくとも1枚のカードを渡すことが可能です。クレジットカードをいつも財布に忍ばせて効率よくカードライフを目指すためには、きっちりと別々のクレジットカードを所有しておいていただきたいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.