トップイメージ

民事再生という選択は住宅ローンを含む複数の債務に陥っている個人のために、住居を維持しながら経済的に立ち直るために公の機関を通した処理方法として平成12年11月にはじまったルールです。ベジママ

破産とは異なり免責不許可となる要件がないので競馬などで債務が増えたようなときでもこの方法はOKですし、破産申請により業務が不可能になるリスクのあるポストで仕事をされているような人でも制度の利用が可能になります。遺言書 書き方

破産の場合だと住居を手放さないことは許されませんし、他の債務処理方法では借金の元金は支払っていくことが必要ですので、住宅ローンを含め払っていくのは実際のところ難しくなるでしょう。横浜市栄区 直葬

ですが、民事再生という手続きを採用することができれば住宅ローンを除く借り入れについてはかなりのカットすることも可能なため、余裕がある状態で住宅のローンを返済しながら他の負債を払い続けるようにできるということなのです。ビジネスローン 借り方

民事再生という手段は任意整理による手続きや特定調停等と異なり特定の借り入れを除外扱いして手続きすることは無理ですし破産申告に適用されるように返済義務自体が消えてしまうわけではありません。パーフェクトワン 毛穴

また、それ以外の解決手順と比べて手続きが煩雑で手間が必要ですので、住宅ローンを持っていて住居を手放せないような状況以外において、自己破産などそれ以外の解決策がない際における最後に考える解決策として考えていた方がいいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.