トップイメージ
破産申告であなたの返済義務にあたり保証する人がいるときには早い段階で相談をしておいたほうがよいでしょう。もう一度、改めてお勧めしますが、保証人となる人物を立てているときは、自己破産以前に少し検討する必要があります。あなた自身が破産手続きを出して受理されると、その保証人があなたが借りた義務をみな背負う義務が生じるからです。ですから、破産宣告の前段階で保証人となる人に過去の経緯とか現状について説明しお詫びをしておかなければいけないでしょう。それは保証人になるひとの立場からすると当然のことです。破産手続きをすることによって強制的に高額の借金が生じてしまうのですから。それ以降の保証人の取るべき手順は以下の4つになります。まず1つめですが、保証人となる人が「すべて返済する」という手段です。その保証人がすぐにでも大きな簡単に返済できるような資産をたくわえていれば、この手段を取ることが可能になります。ただその場合はそのまま破産申告せずに保証人となる人に立て替えをお願いして、自分は保証人自身に月々の払っていくという手順も取れるのではないでしょうか。保証人がもしあなた自身と関係が良いのならば、いくらかは完済期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。たとえ合わせて返すことができなくとも金融業者も分割での返済に応じてくれるかもしれません。保証人に破産による整理を行われるとカネがすべて手に入らないことになるからです。保証人がそのお金をすべて背負う財産がない場合は、債務者と同じくいずれかの借金の整理を選ばなければなりません。続く方法は「任意整理」によって処理することです。この方法は債権者側と相談する方法によりおおよそ5年弱の時間で返済していく方法になります。この問題で弁護士にお願いするにあたってのかかる経費は1社につきおよそ4万円。合計7社からローンがあった場合28万円かかることになります。必要な相手方との交渉は自分でやってしまうことも不可能ではないですがこの面での経験も知識もない方だと債権者側が確実に有利な内容を押してくるので注意する必要があります。また、任意整理を行うとしても保証人である人にカネを代わりに払ってもらうわけですからあなたは長くかかるとしてもその人に返済をしていく義務があるでしょう。次は保証人となる人も破産した人といっしょに「破産する」場合です。保証人である人も返済できなくなった人と同じく破産申告すれば、保証人となる人の借金もチャラになります。しかしながら、あなたの保証人が戸建て住宅などを所有しているならばその個人財産を没収されてしまいますし税理士等の職業についているのであるならば影響は避けられません。そのような場合、次の個人再生を検討するといいでしょう。一番最後に4つめの方法としては「個人再生制度を使う」ことです。住宅等の不動産を手元に残したまま負債の整理を望む場合や、自己破産手続きでは資格制限にかかる業務についている場合にメリットのあるのが個人再生制度です。この手段なら住居する不動産は処分が求められませんし破産宣告の場合のような職種制限、資格に影響を与える制限が何もかかりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.