トップイメージ

免責不許可事由とは破産しようとした人に対して次のような件に含まれる方は借入金の帳消しは受け付けないというような線引きを表したものです。アンボーテ

極言するなら返済が全然行えない状態でもこれにあたる人は借り入れのクリアが却下されてしまうようなことがあるとなります。デザイン 名刺

だから自己破産を申し立て、負債の免除を勝ち取りたい方にとっては、最も重要な難題がつまるところの「免責不許可事由」ということです。にこるん にきび

下記は免責不許可事由の概略です。大人ニキビを治す

※浪費やギャンブルなどではなはだしく財産を乱費したり過大な借金を抱えたとき。ダイビングライセンス

※破産財団となるべき相続財産を隠しこんだり、破損させたり債権を有する者に不利益となるように処分したとき。債務整理 借金整理

※破産財団の金額を意図的に増大させたとき。車 売却

※破産に対して責任があるのにそうした債権者に特別の利得を与える意図で金銭を譲り渡したり弁済期より前に返済したとき。にこるんのニキビ洗顔

※すでに弁済できない状況にあるのに、現状を偽り債権者を信じさせて継続して借金を借り入れたりカード等を利用してモノを決済したとき。

※偽りの貸し手の名簿を提出したとき。

※債務免除の申し立てから過去7年のあいだに免除をもらっていた場合。

※破産法が要求する破産した者の義務に違反した場合。

上記8条件に該当がないことが条件とも言えますが、これだけで具体的に事例を思いめぐらすのは、わりと経験に基づく知識がないとハードルが高いのではないでしょうか。

さらに、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と記載されていることからも分かるようにギャンブルはそれ自体は具体的な例の一つでしかなく、ギャンブル以外にも具体例として挙げられていない内容が山ほどあるということなのです。

言及していない内容はそれぞれの例を指定していくと細かくなってしまい実際例として定めきれないようなときやこれまで出た裁定による事例が考えられるためそれぞれの状況が事由に当たるのかどうかは法的な知識がない方にはなかなか判断がつかないことがほとんどです。

くわえて、まさかその事由に該当するものとは思ってもみなかったような場合でも免責不許可の旨の判決を一回でも出されてしまえば判断が取り消されることはなく、負債が残るばかりか破産者としてのデメリットを7年ものあいだ背負い続けることを強要されるのです。

というわけですので、この悪夢のような結果を避けるために破産手続きを選択しようとしているステップでわずかながらでも不安や分からないところがある場合は、ぜひとも専門の弁護士にお願いしてみて欲しいのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.