トップイメージ
自動車の全損とはその名の通り全部が壊れてしまう場合つまり走れないように乗用車として任務を満たせなくなった時に用いられますが自動車保険で言う『全損』は少し違った内容が込められていたりします。自動車の保険においては自動車が損傷を受けた状況で「全損と分損」というように振り分けられ、〈分損〉は修理費が保険内でおさまる事を表現し「全損」とは修復の費用が保険額を上回る状況を言います。車の修復で【全損】という場面では車の心臓となるエンジンに致命的な損傷を受けたり、骨格が変形して修復が不可能な時リサイクルか処分となるのが当たり前です。ですが、車の事故を起こしてお店や保険会社が必要な修理のお金を推定した状態で、見かけがちゃんとしていて直すことが可能である状態でも修復のお金が補償額よりも高ければなんで自動車保険にお金を支払っているのか分からなくなります。そういう場面では全損と判定して乗用車の所有権を保険会社へ譲って保険金額を受けとる事になっています。当然長い年月所持した自分の車で愛着があり自分のポケットマネーで直して運転したいというドライバーは多くいらっしゃいますから状況によって自動車保険の会社と意見交換するといいかもしれません。また、自動車保険の種類に応じてそのような場面を考えて車両全損時諸費用補償特約など【全損】の時に特約がある場面がたくさんありたとえ自分の車が『全損』なっても新しく車を買うなどの経費を多少なりとももってくれる状況も存在したりします。なおかつ盗まれた時の保険金の特約をつけているならば、とられてしまったマイカーがなくなった際でも『全損』の扱いとなり、保険が適用されるシステムになっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.teguh-ostenrik.com All Rights Reserved.